新卒生の就活が始まりました。ニュースによると、今の学生が会社選びで重要視しているキーの一つが「ライフワークバランス」なのだとか。

私は古い人間なのかもしれませんが、これから社会に出ようという段階でライフワークバランスを重視するなんて、全てが中途半端になるのでは。。?と感じます。知る限りで、歳を重ねるごとに周囲から信頼を得て社会的に活躍をされている方は、総じて全力で仕事と向き合ってきた時期があります。新卒という気力体力全開のタイミングでバランス前提に仕事を選ぶのは、予め80kmに速度制御したスポーツカーみたいで、どっちつかずで残念です。

自社でも似たような現象があり、上の世代程がむしゃらに頑張った経験を持ち、相応の胆力や信頼感がある。若い世代ほどそつなく仕事をこなし、力の出し惜しみをしています。無理をしない分、大きくずっこける事もないのでしょうが、そういう綺麗な労働力が過半となっていく日本の将来にも不安を覚えます。(考えすぎでしょうか)

「がむしゃらになれるってすごくカッコいい事なんだよ!」と伝えたい。いずれ体力の限界が来たらそんなに無理が利かなくなる訳で、その時にしか出来ない事を体験してもらいたいと感じます。

その反面労働環境に対して過敏な昨今の空気感があり、熱い思いを軽々しく口にするのも憚られ、社会的状況と心中の想いの二極間で揺れ動く日々です。

 

“ライフワークバランス” への3件のフィードバック

  1. みかんさん、熱くていいですねー!
    10のうち、仕事に3、プライベートにも3で、まだ4の余力があるパターンと、
    仕事に5、プライベートに5で、限界まで使い切っているパターンがあります。

    みかんさんのところの若い人たちは、どちらでしょうか?

    1. 当社の若い人たちだと、まだまだ余力のある前者だと感じます。こう質問されると、若い人たちが限界値まで力を発揮しよう!と感じる仕事を用意していない会社側にも改善点はあるのだと気付かされます。皆さんの会社では、若い人たちが限界まで頑張りたいと思える環境はあるのでしょうか?あるとすれば、とても興味があります。

  2. うちの社員は生真面目な人が多いので,遮二無二仕事してしまうんです。良くも悪くも。
    チャレンジングな課題を会社として設定すると,やるしかなくなるんですかね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください