寒っ!

 

皆さん,こんばんは。

TSです。

東京の夜風が沁みます(´・ω・`)

参照:http://exmachina-movie.jp/

 

今日は書評のジャンルの一つ(に強引に振り分けた),映画のご紹介です。

 

皆さん,「エクス=マキナ」という映画はご覧になりましたか?

2016年だったかに公開された,比較的新しい映画です。

 

ネタばれしない範囲で紹介すると,

 

「チューリング=テストを起点に世界がひっくり返る展開へ」

 

です。

 

全世界的検索エンジンを提供する巨大カンパニーにおいて,

社内で選ばれた若手社員が社長の特別研究施設に呼ばれ,

人工知能チューリング=テストに協力するんです。

 

僕,SFの中でも宇宙モノが特に好きなんです。

アクションなら,ど派手な立ち回りのやつ。

 

「エクス=マキナ」では,一発の銃弾も使われず,爆発もないし,派手な立ち回りもない。

 

ですが,固唾を飲んで観入ってしまいました。

 

チューリング=テストなんて,一般的にはほとんど対話ですよ?

 

なぜ観入ってしまうのか?

 

それは観れば分かります笑

 

究極的な人工知能の誕生は,人類の滅亡を意味するだとか,よく言われており,

ホーキング博士やイーロン=マスク氏などが警鐘を鳴らしています。

 

この映画の出来事は,すでにこの世の中で起きていることもかもしれませんよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください