シーンとした課内会議、課員同士の衝突、仕事分担の不満、仕事期日の遅延、他部署から課員へのクレーム成果の上がらない課員への取り組み等々、職場最前線の課長(チームリーダー)は部下への対応に悩んでいます。少なくとも私は、、、

部長は、あるレベルに到達して昇格してきた課長を指導するので骨は折れません。しかし、課長は新人から熟練まで多様なレベルの人をまとめていかなくてはなりません。人事主催の年に2〜3日程の研修では対応できませんし、本を読んでも机上の空論であることが多いです。

そこで、私は同じ悩みを共有し、また解決策をみんなで出し合う課長会を立ち上げました。月に一度、お昼休みに弁当持ち込みで、有志の課長が集まり悩みを相談し合います。「なるほど、そんなやり方があるんだ!」「それいいね!」人材育成、評価、やる気にさせる方法等を知恵を交換しながら、日々の業務に活用指定行きます。

私の見る限り、課長会に参加しない課に限って、雰囲気がよくない。お互いに学び続ける雰囲気を組織に伝播して、もっと多くの課長が参加してもらいたい。

“課長は悩んでいる:課長会の立ち上げ” への1件のフィードバック

  1. 横の繋がりを作る面白い試みですね!
    生きた議論や日々変わる課題への取組は、悩み多きマネージャーからの求心力も持ちそうですね。
    課長会に参加するいろんな課長が発信し始めると、参加しない課長も寄ってくるかもですね。
    多様な人が多様な情報共有と発信をするコミュニティって魅力ありそうだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください