AIによって今ある仕事の大半が無くなると言われますが、今一つ現実味を持てなかったり不安を感じる方は多いと思います。

私はどちらかと言うと、テクノロジーの発展は私たちの常識や働き方を変え、自由な生き方を推し進めてくれると信じ、不安半分ワクワクしている内です。

過去にも「働き方」は技術の発展によって変革を遂げてきました。それはこれからも同様な訳ですが、今起こり始めている変化の方が多様性に富み、人々の幸福度を上げる予感がします。

 

よく言われますが、今私たちに必要なのは「変わる勇気」ではないでしょうか。

人は変化を恐れる生き物なので、今現在の当たり前が無くなったり変化を余儀なくされる事には不安を感じます。また、この変化に立ち向かう人たちにとっては人と違う事をする(始める)事への不安もあるでしょう。しかし激変する世界を生きていく私たちは、心で感じる「正しさ」の様なものを信じて、率先してそこへ向かう事が今こそ求められていると思います。

例えば、「なぜ全員が毎朝9時に出社しないといけないのか」「皆が大学へ行く必要があるのか」「家を新築する必要はあるのか」「週に5日規則正しく働く事は効率的なのか」など、疑うべき常識は沢山あります。

「当たり前」と信じてしまうと、そこベースでしかアイデアが広がりません。「こんな働き方や生き方だったらいいのにな」と感じる自然な気持ちをスタート地点にして、それを実現する方法を考えていけたら夢がありますし、それを可能にしてくれる技術はかつてない程整ってきています。

世の中の変化をチャンスと捉えて、より自分たちが幸せになる方向へ変えていけるならば、変わる事も「なかなか捨てたもんじゃない」と思えませんか?^^

#みかん

“変わることを楽しむ” への3件のフィードバック

  1. 読んでいると、私達は課題解決にあまりに慣れすぎていて、願いや望みを満たそうとしづらくなっているんだろうなと思いました。

    変わるとか、変わらないとかも、もしかすると関係なく、ただ諦めていた願いや望みを、今なら満たせるんじゃないか。
    そう考えてみるのですかね。

    1. HIROさん>新しい視点ですね、その様に思います。課題を解決する前に、そもそも解決するに足る事柄なのか原点に立ち返る事は大切だと思います。問題解決的に物事に当たるより、心が望んでいることを実現するアプローチの方が、結果は同じだとしても過程が楽しめる気がします。
      「変わる勇気」ではなく、「自分に嘘をつかない生き方をする勇気」と言い換えるべきなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください