こんにちは。

TSです。

前回のブログ
では,ふわ~っと何にも考えずに就職してしまったことを書きました。

 

社会の一員として戦っていくことをナメていたんだと思います。

 

地方の旧帝大にいると,そのエリアでは担ぎ上げられるし,

就職に困っているという先輩の話もありませんでした。

社会人ドクターで来られていた方のお誘いもあって,1社しか就職活動をせずに就職してしまいました。

 

そんな甘っちょろい覚悟で入社したもんだから,大変でした。

 

最初に取り組んだ仕事は,上司でもない部付きの偉いっぽい人からいきなり与えられた,超難題。。

あまりに難題すぎて上司に相談したところ,

 

「こんなの,できるわけねーじゃん。。!」

 

と。

社会人としての最初の一か月で,無理ゲーに挫折しました。

まあ,そういう無理ゲーを課す社風からしても,今の凋落ぶりは納得がいくような気もしますが。

 

そして,もっとキツかったのが,両隣の先輩の対応が非常~に悪かったこと。

周りが気を遣うくらいに。

 

さらに,自分の未来の姿である上司たちが疲れ果てていました。

 

100時間も200時間も残業してりゃあ,そりゃあ疲れ果てますよね。

 

そういう空気感なので,僕が始業時間の1時間半前に来て,夜9時半頃に帰ると,

 

「おい,余裕があるんならさ。。」

 

と言われる始末。

 

心身ともに確実に疲弊していきました。

 

 

「この仕事に賭ける!」と覚悟していたのなら話は別で,どれだけでもやれます。

 

しかし,当時の僕には覚悟がなかった。

 

自分の本当にやりたいことが何なのかわからないまま,つまり,自分のBeを知らないまま,

過酷な環境に身を置くことになってしまったのです。

 

「本当にこのままこの会社で生きていけるんだろうか…?」

 

そんな想いを抱いたまま1年が過ぎた頃,転機が訪れます。

 

<続く>

“キャリアの混迷・一回目” への1件のフィードバック

  1. 社会人一年目はとても多感なとき。
    そんな時の刺激は、良くも悪くも後を引きますね。
    自分のマネジメント上の価値観にも強く影響すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください