こんにちは。

漫画「刃牙」シリーズにハマっているTSです。
今日は武蔵先生のご紹介です。

現代では大量殺人犯であっても、時代を又げばカリスマ的な伝説の剣士ともなります。

歴史の授業で知ったくらいでしたが、彼の考え方をより知ることができました。

割り切っていてすっきりしています。

「おつう!(*´з`)」なんていうリア充描写はありません。

いかに相手に勝るかを追求した彼の思想が伝わって来ます。

「リーダーになろう!」なんていう思想は微塵も感じられず,

ただただ道を究めた結果,皆が教えを乞うような人物になっていったのでしょう。

当時の「武士として強い人」は,現代では「デキる人」といったところでしょうか?

僕は男として,どちらも憧れます。

ちなみに、漫画「刃牙道」にて、宮本さんのクローンが現代に登場しておりますので、こちらもオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください