皆さん初めまして!

ばななです。

世の中には、優れたリーダー、尊敬されるリーダーがたくさんいます。そんな人たちに近づくためには、何を学ぶ必要があるのか?

そんな思いから、リーダーシップについて学び始めました。

まずは、優れたリーダーと言われる人は、たくさんいるが

それは、どんな人を指すのだろうか?

尊敬されるリーダーとは?

周りから称賛されるリーダーって?

でも、世の中にはきちっと研究している人がいるのですね。

『リーダーシップの真実』

著者:ジェームズ・M・クーゼス/バリー・Z・ポズナー

訳:渡辺 博

によると、

「もっとも多く選択された称賛されるリーダー特性は :誠実であること。」

著書のなかには、他の特性も紹介されていましたが、

まずは、ここから考えてみることにしました。

「誠実である」とは?

著者によると、

「真実を語り、生きる上での論理的な原則と明瞭な標準を持つこと。」

(ちょっと難しい、、、。)

もう少し読み進めると

「他の人々に対して誠実であること。また、それは、自分自身に誠実であり、自分に本当に重要な関心をもつように・・・

自分の個人的情熱を掻き立てるもの、自分を犠牲にする価値のあるものを理解すること・・・

自分の強みと限界について、自分自身がわきまえている・・・

言っていることを本当に信じていると、心からわかっていなければならない。」

なんとなく理解できてきました。

つまり、誠実であることの重要な点として、言っていることと行動が常に一致している。

自分なりに理解しやすくするために、分解すると

誠実であるために

・言動と行動を一致させる。

・それを、常に(何時なんどきも)行う。

何時なんどきも一致させる・・・これは、かなり大変!

これを実現させるには、本当の自分を理解していなければならない!と。

なるほど、まず第一歩として、自分自身を知ればよいのか!

それなら、自分でも出来そうだ!!

(と、思ったのはかなり浅はかだったのですけど、、、)

そして、ここから 自分自身を見つけに行く旅がはじまりました・・・・・

ばなな

“旅の始まり” への1件のフィードバック

  1. 誠実な人間になるためには、
    自分の本心から目をそらさず、
    それに応える行動をとること。
    文句を言わず自律・自立。
    なのですね。

    これを泣き寝入りの構図と考えればそれまでですね。
    社会におけるトレンドを捕まえて、そこでの最適化を模索するゲームになる。
    そんな気がします。

    でも、盲目的に周りの他人の気持ちを良くする行動は、一見すると利他的で高次な利己と考がちですが、自分に離反しているのですね。

    とても深いテーマですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください