5月病とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、
私としては既存職員は、”これまでの歴史を伝達しつつ、新入職者の理念を尊重し、新たな未来を創造していく”というコンセプトのもと実際の現場で試行錯誤している。世の中には、そのような論理は多数あると思うが、その内の一つに、物が熱を帯びるパターンを3つ挙げて、熱を人に置き換えてみる見方があり、府におちた。

加熱型(直接的;リーダーからの叱咤激励)、伝熱型(間接的;組織文化や制度を通じた教育など)、発熱型(自発型;自己啓発や自立意識醸成を促す刺激)の3種類があり発熱型が当然であるが最も難易度は高いが根源的な熱の出し方である。そして、発熱型は内発的動機づけと同じ概念である。

既存の職員は、”過度な持ち上げ(マイナスの加熱型の一種)や強制的な文化適合”(マイナスの伝熱型の一種)にて牽引するのではなく、ビジョンや哲学で牽引していくことが、飛鳥とされるリーダーシップであると思う。

(参考)

https://app.globis.jp/article/6922

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください