私の中にある素朴な疑問、”経済って何?”ということについて書いてみます。
(2018/11/6 Kazu)

どういうことかと言うと、お金をベースに回っている経済について実はよくわかっていないなと思うことがあり、多分基本的な話で”そんなことも理解していないの?”と突っ込まれそうですが、理解出来ていないので恥を忍んでその疑問を書いてみます。

簡単にいうと、経済というのはどのように拡大するのか?というメカニズムがわかりません。
経済が順調に回ると世の中に回るお金が増え、いわゆるGDPというものが増えていくのだと思うのですが、この数字ってどうやって増えるのか?という疑問です。

簡単な例で示します。
例えば100人で社会が成り立っていて、皆が個人事業主として働いて年収100万円/人だったとします(かなり極端な想定ですが)。
それぞれの事業はゼロから何かを作ってを売り、その売り上げが収入になるというモデルを仮定します。

そうした場合に100万円の収入を100人が上げるということは、このコミュニティの中で1億円の売り上げがあり、それが全体の収入となります。
売上がそのまま収入になっていますが、その収入を売上に繋げる、すなわち収入全てを消費しなければならないことになります。
ところが現実社会ではどうかというと、収入全てを消費に使わず、将来に備えて貯金に回すこともあるでしょう。
とすると、消費が減ってしまい、収入が減ってしまうことになります(100万円/人が成立しなくなる)。

実際には貯金をする人もいれば借金をして収入以上にお金を使う人もいるので、誰かが貯金した分を借金してお金を使う人がいれば、このコミュニティ全体で1億円の消費(=売上)となり、100万円/人の収入が確保されることになります。
ということは、収入に対して支出の方が小さくなるとそのコミュニティの経済は縮小することなり、収入と支出が均衡する場合には経済は維持することになるかと。
では逆に経済を拡大させるには、収入より支出が多くならなければいけないわけですが、そのためにはそのコミュニティ内で貯金する額より借金する額が増えなければいけないことになるのかと思います。
しかし預金を集めてそのお金を他に人に貸し出す(融資する)銀行は、集めたお金以上に貸し出すことは出来ないはず。
とするとそれが出来るのは政府(国)であり、民間だけのお金の流れだとすると経済成長には繋がらないことになるのでしょうか?
もちろんリアルワールドはもっと複雑なお金の流れがあるわけですが、基本的には個人収入があって、その中から消費をする、消費によって企業の収益になるというモデルは変わらないのだと思います。

政府が国債を発行してつくる借金は今ではなく未来から借りてくるという手法ですが、この手を使わないと今現在の経済規模を拡大させることは出来ないように思うのですが、実際の世界では未来からの借金無しでも経済の拡大は出来ているように思うのですが、これはどういうからくりによるのだろうか??と素朴な疑問を感じた次第です。
ちなみに国はお金を発行しているので、増刷すれば経済を拡大出来ることになりますが、単にインフレを招いてしまうだけのようにも思いますし、そもそも単に増刷するようなことはしていないのだと思います(それをするなら国債を発行する必要がないので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください